『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 

母のお位牌を創りました

生前に母と約束していたのです

「お母さんには、
オシャレで可愛くて、
ちょっと変わったお位牌を
創ってちょうだいね」
と。。。

© 陽佳 2016 お位牌DSC_3030.jpg 

母とは一緒に「小間物屋徳右ェ門」という
和小物ブランドを立ち上げて、
コラボ作品を創っておりましたので、
やはり母は
いつも何か縫い物をしていたイメージが。

そこで、
お位牌の土台となる部分を、
真っ黒な黒檀という木を使って
縫い物には欠かせない
『糸巻き』
をモチーフに形をつくり、

糸巻きの耳の上部には
絹糸の2文字と
その真ん中に「小間物屋徳右ェ門」の
ブランドロゴ“徳”マークを、

耳の下部には
母の名前を使った
架空の糸ブランド名
“YONEKO印”を
デザインして彫りこみ、
リアル感を出してみました。
© 陽佳 2016 お位牌DSC_3026.jpg  

もちろん巻いてある糸も
一本一本彫りだして、
最後はちゃんと耳の切り込みに挟んであります
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2991.jpg 

ちなみに
このような状態から、
文字や糸を彫りこんでいきます
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2978.jpg 
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2977.jpg 



土台の糸巻きは
真っ黒で堅くツヤのある
「黒檀」を使い

真ん中の受けの部分には、
サディーネという
華やかな紅い色の木材を使って、
蓮の花弁のイメージの彫刻を施し

そして、札板の部分は、
やわらく暖かいピンク色の木材、
ピンクアイボリーを使って
組みあわせました
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2974.jpg 


他にも仕事柄(根付や篆刻で使うので)
色々な風合いや色調の木材が手元にあるので、
どれをどこに配してどう組み合せるか、
かなり試行錯誤した末、
このバランスが
一番母のイメージにしっくりと!
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2965.jpg 


大きさも女性用に
あえて少し小ぶりにしております


3つのパーツをそれぞれ成形して、
最後は接着して組み立てます

© 陽佳 2016 お位牌DSC_2964.jpg 


札板の文字は
和紙に何度も戒名を書き、
一番気に入った文字を選んでから彫りこみ、
金泥と金箔をさしていきました。

漆が扱えればよかったのですが、
あいにく漆はカブレてしまいますので…

© 陽佳 2016 お位牌DSC_2999.jpg 

戒名の上の梵字は
「夜光貝」を切り抜いて象嵌し、
落ち着いた華やかさを出しています。
ピンクアイボリーという木材は、
空気に触れると
経年変化で色が変わってきますので、
おそらくこの夜光貝の梵字が
先々とても活きてくるかと♪
© 陽佳 2016 お位牌DSC_2993.jpg 
© 陽佳 2016 お位牌DSC_3004.jpg 

そして最後に
出来上がった3つのパーツを
接着して組み上げ、
艶出しの磨きをかけて完成です。
この後、
四十九日の御法要で
御坊様に御霊入れをしていただいてから
お仏壇に安置いたしました。

思いのほか時間が掛かり
四十九日までに仕上がるか
ヒヤヒヤで。。。
© 陽佳 2016 お位牌DSC_3020.jpg 


お位牌をはじめて依頼されて創ったのは、かれこれもう8年前ぐらいでしょうか。
もともと書と篆刻は専門でしたので、それ以前にも墓石に刻む文字を書いて欲しいというご依頼などはありましたが、根付師になってからは、材料もあり、彫刻もでき、文字が書け、象嵌もできる・・・なるほどお位牌も創れるのだと。


最近はモダンなお位牌を好む方が増えてきたようです。
ただ、宗派などで決まり事もあるようですので、お位牌を創る際は、必ず事前に供養をしていただくお寺の御坊様に、色々細かく確認を取って調べてから作り始めます。

なお、ここに載せておりますお位牌の写真は、すべて『御霊入れ』の前に撮ったものでございますので、お位牌そのものはまだ中身の入っていない空っぽの入れ物の状態ですのでどうかご安心を。

とはいえ、さすがに人様のご依頼のお位牌の製作工程をブロブでご紹介することはとてもできませんが、何よりブログの記事を楽しみにしていた母ですので、自分の位牌がアップされ、きっととても喜んでいると思います。


◆次回は、久々に根付を・・・







スポンサーサイト
Category :  根付師「陽佳」
tag : 

もの心ついた時には家に鳥がいました

大好きな 「鳥」 の根付です

しかも求愛する根付・・・



一口に鳥といっても
その姿かたちは多種多様で
それぞれ個性的な魅力に満ち溢れています


その数多ある中から少しづつ、

自分の手のひらに納まる根付に
仕立てていく

この上ない楽しみ…


© 陽佳 2012「かつおどり」P9050260.jpg 

DATA
『 かつおどり 』  2012
鹿角
象嵌あり(水牛角に金箔)
藍染・ヤシャ染
7.9 × 2.5 × 1.7 cm
~ 高円宮コレクション 所蔵 ~ 




ガラパコス諸島に棲む
カツオドリ(ペリカン科)の固有種である
『 アオアシカツオドリ 』 は

その和名どおり
それは美しい青い足をもつ鳥ですが、

またそのユーモラスな

“求愛ダンス”

でも有名です
この愛すべき二つのチャームポイントを
なんとか根付で表現したくて
試行錯誤した末
ようやく

© 陽佳 2012「かつおどり」P9050271.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050263.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050264.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050265.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050266.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050267.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050268.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050269.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050270.jpg 


鹿の角の自然なカーブを使うことで、
特徴ある求愛ダンスの
ユニークなポーズを
自然に無理なく表現し

© 陽佳 2012「かつおどり」P9050281.jpg 

そして微妙な体色と青い足を、
鹿角の鬆(す)の部分の質感と
藍染めで
表現しました

背中の羽を一枚一枚彫り、
ヤシャで染め分けることで、
腹部分の鹿角の白い素材色を
ひときわ引き立たせ、
羽毛のふんわり感を出しています

© 陽佳 2012「かつおどり」P9050283.jpg 


ピンと伸びた尾羽だけは
「根付」という構造上、
強度的に難しく
かなりデフォルメを・・・

© 陽佳 2012「かつおどり」P9050274.jpg 




紐通しの穴は、
鹿角の鬆(す)の部分を利用して
真下から背中にかけて
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050275.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050287.jpg 
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050286.jpg 



これはまさにカツオドリの顔・・・
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050285.jpg 



何と言っても
片足を上げた姿が特徴なので、
もちろん片足で自立するよう
バランスをとってます
© 陽佳 2012「かつおどり」P9050273.jpg 



題名をあえて
「かつおどり」と平仮名にしたのは

前の2文字 “ かつ = 勝つ ” と
求愛ダンスの “ おどり = 踊り ”
を合わせ、

ぜひとも “ (愛に) 勝つ踊り ” を
踊って欲しいという気持ちからです
ガンバレ!かつおどり!!

© 陽佳 2012「かつおどり」P9050282.jpg 



◆次回は今度こそ根付でないものを・・・







Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

俳句が好きです

俳句を根付にするのが好きです
自由律俳句が好きです

自由律の俳句を複数組み合わせて

一つの根付にしようとしたのですが

自由律だけに

一つにするのが

何かしっくりしないのです

こうなったら、

俳句を生み出す 『 俳人 』
その人を
根付にしてしまおうと!


大好きな 『 種田山頭火 』

その人をイメージし、

雲水姿の旅する俳人を

根付にしてしまいました

これなら、
この俳人が創る自由律の俳句すべてが、

手のひらで楽しめます・・・


なんと無限で素晴らしいことか

俳句好きには堪らない根付


© 陽佳 2015「句する旅人」P9230282.jpg 

DATA
『句する旅人』  2015
鹿角
象嵌なし
ヤシャ染め
4.8 × 2.5 × 1.8 cm
~ 個人蔵 ~


© 陽佳 2015「句する旅人」P9230285.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230286.jpg

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230287.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230288.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230289.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230290.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230291.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230292.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230293.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230294.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230295.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230296.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230297.jpg 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230305.jpg 


 

紐通し穴は
腰に巻いた荷物の上下に位置し、
紐の結び目が自然に納まるように

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230327.jpg 




鹿の角の「鬆(す)」と呼ばれる
中心の小さな空洞の部分を
あえて笠の中央になるようにして
網目を彫り、
旅の風雨にさらされた
笠の質感を出しています

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230308.jpg 



擦り切れた僧衣にかけた袋

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230309.jpg 



長旅を支える足ごしらえ

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230311.jpg 



山頭火は
禅宗の僧でもあったので、
雲水のような鉢僧姿で旅をしながら
型に捉われない自由な俳句を
生みだしていました


「 うしろすがたの しぐれてゆくか 」

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230304.jpg 

などイメージがひろがって好きです


五・七・五、17音の俳句の世界と
この俳人の旅先の風景

すべてが入ったこの根付を腰につけ、

そして手のひらで楽しむ・・・


© 陽佳 2015「句する旅人」P9230323.jpg 


これぞ根付ならではの醍醐味かも

 

© 陽佳 2015「句する旅人」P9230319.jpg 



 © 陽佳 2015「句する旅人」P9230300.jpg 



◆次回は、もしかすると根付でなく・・・



Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 
十七文字の言葉の中に
無限をとりこむ

俳句

掌 (てのひら)の中に
無限をつめこむ

根付


どちらも日本独自の感性の賜物

その二つを融合すると
さらなる無限が・・・


江戸の俳人
“ 小林一茶 ”
の俳句3つを

ギュッと凝縮して1つの根付に



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090001.jpg 

DATA
『 一茶三句 』 2014
鹿角
象嵌あり ( ヘゴ )
ヤシャ染め
3.9 × 3.1 × 3.4 cm
~ 個人蔵 ~




© 陽佳 2014「一茶三句」P2090021.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090022.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090023.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090024.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090025.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090026.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090027.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090028.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090029.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090019.jpg 



「蛙」・「蠅」・「福良雀」を
モチーフにしているので、
もう薄々はお判りかと…
と、言いましても
一茶はかなりの数の句を詠んでいるので、
それぞれのモチーフを詠んだ俳句は
一つ二つではありません

人それぞれ思い浮かべる句は違うかも。


ちなみに私がイメージしたのは
この三句です

≪ 痩蛙 まけるな一茶 是にあり ≫

≪ やれ打な 蠅が手をすり 足をする ≫

≪ 我と来て 遊ぶや親の ない雀 ≫



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090049.jpg 



根付のモチーフとして古くから好まれる
縁起の良い
「福良雀(ふくらすずめ)の根付」
の上に、

手足の長い痩せた蛙が
何やら考え深げに
腰を下ろし、

その蛙の背中には
一匹の蠅がとまっている


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090040.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090041.jpg 
福良雀は
仔雀とわかるよう
クチバシは幼鳥の形に


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090036.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090034.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090035.jpg 

手をすり合わせて・・・


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090051.jpg 

蛙と雀の黒い瞳は、
ヘゴという別素材を
嵌め込んでいます

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090033.jpg 


鹿の角は、
『鬆(す)』と呼ばれる
血液が通っていた細かいスポンジ状の穴が
中にある構造なので、

その「す」を素材感として
いかに生かしながら
構図に組み入れていくかが、

難しくもあり
楽しくもあり

根付師としての
腕のみせどころかもしれません

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090052.jpg 




◆次回は、ひきつづき俳句の根付その2?それとも…




Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

戦国駒シリーズ 第三弾!

「歩兵」、「角行」につづく駒は
「桂馬」

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180163.jpg 

DATA
『 戦国駒 桂馬 』 2016
黄楊 (つげ)
象嵌なし
ヤシャ染め、べんがら
4.2 × 4.1 × 2.3 cm
~ 個人蔵 ~


将棋の駒の「桂馬」を
戦国の世を駆け抜けた
“馬”
になぞらえて根付にしました

馬鎧(甲冑)を身に付けたその姿は、
戦国武将にも引けを取らない存在感です

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180164.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180166.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180167.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180168.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180170.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180171.jpg  
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180172.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180173.jpg 

長いたてがみは、甲冑の邪魔にならぬよう
“ 編み込み ” に!
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180175.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180176.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180177.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180180.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180181.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180183.jpg 

今回は「桂馬」の馬の文字から、
ストレートに馬を連想し、
戦国武将同様に甲冑を身に纏わせました
 

実際、戦国時代から江戸にかけて、
馬鎧(甲冑)は実在していましたが、
やはり重さや動きにくさなどから実戦向きではなく、
威嚇や装飾的意味合いで使用されていたとか・・・

当初は鎖帷子のように重かったようですが、
だんだんと軽量化され、
革のパーツを麻布に縫い付けたタイプが
主流となったようです。


今回はそれをベースにイメージを膨らませ、
甲冑っぽくアレンジしてみました

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180197.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180204.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180202.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180203.jpg 

 
“馬面”と呼ばれる、
馬の顔に付ける鎧は、
武将の兜さながらに、
文字飾りをつけています。

もちろん、
「桂馬」が成って「成桂」の“金”になりますので
『金』の文字をつけています

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180199.jpg 
  


東欧では、馬の身を
草原の中に隠す為に座らせる馬術が
古くからあるとか・・・
その姿をイメージして駒の上に座らせてみました
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180186.jpg 

銘は実際の将棋の駒の銘と同じ場所に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180182.jpg 



将棋の駒では珍重される『虎斑(トラフ)』紋
御蔵島の黄楊材を使い、
ちょうど駒の表にトラフが出るような構図に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180201.jpg 



今回で3つ目の戦国駒シリーズ、
全ての駒がそろうまでまだまだ先は長そうです。

どのように表現するか考えるのが大変でもあり、
また楽しくもあり、それが面白くて堪りません。

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180192.jpg 


◆次回は・・・未定です。。




プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。