『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 

 茶色い毛をした可愛い仔ウサギの根付です

© 陽佳 2010「仔兎」DH000113.jpg 

DATA
『 仔兎 』  2010
象牙
象嵌あり ( ヘゴ )
ヤシャ染
3.2 × 3.0 × 2.4 cm
~ 個人蔵 ~



ウサギの根付というと、
“白い毛に赤い瞳”をよく見かけますが、
あえて茶色い毛に黒い瞳のウサギに・・・

© 陽佳 2010「仔兎」DH000115.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000117.jpg  


© 陽佳 2010「仔兎」DH000118.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000119.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000120.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000122.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000124.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000126.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000128.jpg 



シンプルでありながら、存在感のある正統派な根付
© 陽佳 2010「仔兎」DH000129.jpg 



これこそ掌の中で可愛がって欲しい根付です!
© 陽佳 2010「仔兎」DH000130.jpg  


© 陽佳 2010「仔兎」DH000131.jpg 




◆次回は・・・?



スポンサーサイト
Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

ある1つの材料の塊(かたまり)から、
根付が生まれるまでの記録の一部です


使っている道具の紹介はまた後日という事で、
今回は製作の途中途中で撮った記録写真をアップしております




© 陽佳 2010「仔兎」DH000077.jpg 
●まずは、象牙の塊(かたまり)から

© 陽佳 2010「仔兎」DH000078.jpg 
●全体の大まかなフォルムを彫りだして


© 陽佳 2010「仔兎」DH000079.jpg


© 陽佳 2010「仔兎」DH000080.jpg 
●裏側に鉛筆で紐通し穴の位置のアタリをつけて

© 陽佳 2010「仔兎」DH000082.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000089.jpg 
●少しずつ、少しずつ、彫りすすめてカタチを出していき

© 陽佳 2010「仔兎」DH000090.jpg 



© 陽佳 2010「仔兎」DH000091.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000098.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000099.jpg 
●眼の位置のアタリを鉛筆でつけて、全体の毛流れを彫り

© 陽佳 2010「仔兎」DH000100.jpg 
●そして裏側の “ 紐通し穴 ” 彫り開けます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000101.jpg 

© 陽佳 2010「仔兎」DH000103.jpg 
●顔の表情も少しずつ彫りすすめ

© 陽佳 2010「仔兎」DH000104.jpg 
●ようやく眼を象嵌(ぞうがん)する穴を開けます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000105.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000106.jpg 
●色染めにはいる一歩手前の状態




© 陽佳 2010「仔兎」DH000107.jpg 
●ヤシャで全体を濃いめに染めあげたところで、眼にヘゴを嵌め込み(象嵌)ます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000108.jpg 
●紐穴の中等、一緒に染まってしまった所を丁寧に磨いて象牙の地肌色を出し

© 陽佳 2010「仔兎」DH000110.jpg 
●細かい毛並を彫って(毛彫)、毛色のグラデーションを少しずつ出していきます


© 陽佳 2010「仔兎」DH000111.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000112.jpg 
●眼に嵌め込んだヘゴを削っていって自然眼の玉に形を整えます


ヘゴとは・・・シダ科の植物の幹の部分の名称で、真っ黒でツヤが出る為、根付では眼玉などの象嵌(ぞうがん)材料として用いられます。



根付の出来るまでの膨大な工程の、
ほんの一部をかいつまんで並べてみましたが、
「根付って、こんな風に創っているんだ・・・」と
ちょっとでも感じていただければ幸いです


◆次回はひきつづき完成作品を・・・



Category :  根付師「陽佳」
tag : 

僕は “ お留守番ぎらい ” です

© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000166.jpg 
DATA
『 しらんぷり 』  2009
象牙
象嵌あり
( 眼玉:ヘゴ、携帯:黒蝶貝 )
ヤシャ染
1.3 × 4.0 × 2.3  cm
~  高円宮コレクション  ~



ボストンテリアの子犬です
実はそのお腹の下に“あるモノ”を隠しているのですが、
素知らぬ顔をして 「 しらんぷり 」 しています
© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000172.jpg 


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000167.jpg 


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000168.jpg 


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000169.jpg 


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000170.jpg 


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000171.jpg 




寂しがり屋の子犬は、
飼い主さんがお出かけするのを何とか阻止しようと、
いつも持って出る“携帯電話”をお腹の下に隠しました・・・
© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000173.jpg 




「 僕は何にも隠してないよ・・・何も知らないよ 」

という顔をしていますが、飼い主さんにはバレバレ


© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000178.jpg 
© 陽佳 2009「しらんぷり」DH000179.jpg 
 
まったくもって愛嬌たっぷりの子犬です



注 : 携帯電話は創作当時に流通していた二つ折れタイプです。


◆次回・・・?



Category :  根付師「陽佳」
tag : 


 仏のような優しい心を持つ『鬼』の根付です

© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000143.jpg 
DATA
『 鬼面仏心 』  2009
黄楊 ( つげ )
象嵌あり ( ヘゴ )
ヤシャ染、べんがら、胡粉
3.5 × 2.6 × 2.4 cm
~ 個人蔵 ~



「 鬼面仏心 (きめんぶっしん) 」という言葉があります
読んで字のごとく、外見は『鬼』でも、心は『仏』のようだという意味の言葉です

“ 実際の本当の鬼であっても、心には「仏」が宿っている事がある・・・ ”
という思いを込め、根付で表現してみました
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000155.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000156.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000157.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000158.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000159.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000160.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000161.jpg 


古い有名な仏像などには、
顔が割れて中からまた別の顔が現れるものとか、
胸が割れて別の顔が見えるものなど、
昔から用いられている表現方法です。

仏像好きの方は、すぐ思い浮かぶものがあるのではないでしょうか・・・

© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000163.jpg 


座って凄みをきかせた鬼のお腹が裂け、
そこから仏様のお顔がチラリと垣間見れます
外見や風評だけで、人や物事を判断してはいけない・・・
という教訓を(自分に)込めて創った作品です
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000164.jpg 
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000165.jpg 





この鬼は、自分の頭の中にある『鬼』のイメージを組みあわせて形にしました
「牛の角」、「豚の鼻」、「ギョロ眼」、「ちぢれた髪」、「虎皮の腰巻」、
「3本爪の手」、「2本爪の足」、「赤みがかったザラザラした皮膚」、「鋭い牙」etc.
© 陽佳 2009「鬼面仏心」DH000144.jpg 




◆次回は・・・根付orそれとも?





Category :  書&篆刻「湖蝶」
tag : 
 
木の印も好きですが、石印材もとても好きです

© 湖蝶 2014 篆刻1403866319737.jpg 


最近は木の印を作ることが多くなりましたが、やはり石の持つあの独特の魅力がたまらなく、石を取り出しては撫でたり眺めたり…

あのヒヤッとした感触、ツヤ、千差万別の色。

手に持ったり、並べたりして眺めながら何時間でも楽しく過ごせます。

石印材を使ってご注文の印2顆を彫りあげた時の仕事場の風景から・・・。


◆次回は・・・根付




Category :  小間物屋 徳右ェ門
tag : 


 本が好き、特に“文庫本”が好き

好きな本を、お気に入りのブックカバーで包むのが好き


本好きのことを『本の虫』というので、手触りの心地よいお気に入りの布で作ったブックカバーに、大好きな 『 虫 』 の飾りをつけました。

これぞまさに 『 本の虫 』

© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0620.JPG 


© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0622.JPG 
© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0621.JPG 
※ 蝉の飾りのモデルはもちろん 『 ジロー』
© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0625.JPG 
© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0624.JPG 




© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0626.JPG 



この本にはどの『本の虫』が似合うか・・・考えながらブックカバーを選ぶ楽しさ♪
© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0629.JPG  

小間物屋 徳右ェ門 特製 ブックカバー

© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0635.JPG 
DATA
『本の虫~蝉・蝶~』 2007
木綿布(蝉)、正絹布(蝶)
飾り・・・象牙にヤシャ染
~ 個人蔵 ~



© 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0633.JPG   © 小間物屋 徳右ェ門 2007 特製ブックカバー「本の虫」DSC_0634.JPG 

●小間物屋徳右ェ門 (こまものや とくえもん) とは・・・ ●
母と2人で立ち上げた、和風小物雑貨の母娘の手作りオリジナルブランド。
根付師 陽佳 がデザインし、母が縫製を担当する母娘のコラボレーション作品。
陽佳の彫刻した牙角類や木の飾りをワンポイントとした
実用小物等を不定期に発表。


© 小間物屋 徳右ェ門 2007 



◆次回は・・・?



プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。