『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

再生の願いをこめて

東日本大震災後、
再生の祈りを込めて創った根付です


東北地方を代表する文明の痕跡の一つである『遮光器土偶』と、
それを包み込むように渦巻く波をモチーフにし
想いをこめて一つの根付にまとめました
© 陽佳 2011「再生の祈り」image232.jpg 

DATA
『 再生の祈り 』  2011
象牙
象嵌なし
ヤシャ染め、藍染め
4.0 × 2.5 × 2.6 cm
~ 高円宮コレクション ~


子供の頃から、なぜか魅了され続けている“土偶”
とりわけ不思議な仮面をかぶったような『遮光器土偶』は
今もって謎深き存在です
いまだ諸説ありますが、
『遮光器土偶』は欠損した状態で見つかるものが多いことから、
古代において“再生”の祈りを込めて
あえて手足を破壊されたとも・・・。

海は時として脅威となって文明を破壊し、
また豊かな恵みをもたらす生命の源でもある驚異的な存在


何千年も昔の土偶たちから
力強い再生のエネルギーを感じてなりません
© 陽佳 2011「再生の祈り」image222.jpg 


遮光器土偶はあえてタイプを限定せず、
色々なところから出土した
様々なタイプの土偶をイメージして
ミックスしています

© 陽佳 2011「再生の祈り」image223.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image224.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image225.jpg 

欠損した箇所からは、
渦巻く波が “ 生まれ出ているよう ” にも、
また “ 吸い込まれているよう ” にも見えるように・・・
© 陽佳 2011「再生の祈り」image208.jpg 

欠損した土偶の破片が渦に巻かれ、
引き寄せられ、これから再生されていくかのよう

© 陽佳 2011「再生の祈り」image226.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image228.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image229.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image230.jpg 

波は「藍」の染料で透明感のある薄ブルーに染めています
 © 陽佳 2011「再生の祈り」image207.jpg 
© 陽佳 2011「再生の祈り」image206.jpg 

紐通し穴は、
波の形を利用した自然のスキマに通し
結び目が収まりやすいよう違和感なく窪ませてあります
© 陽佳 2011「再生の祈り」image205.jpg  





© 陽佳 2011「再生の祈り」image217.jpg 


4年前、この作品を創るにあたり
改めて土偶の資料や文献を色々読み漁り?
博物館に行って実物を観るにつけても
ますます謎は深まるばかりでした。


いまだにふと急に土偶たちに逢いたくなる今日この頃です・・・


© 陽佳 2011「再生の祈り」 image197.jpg 




◆次回・・・鳥?or 虫づくし?




スポンサーサイト
Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 
『 戦国駒 角行 』 の創作風景より・・・


「根付」がカタチになっていくほんの一コマですが、
創作途中の様子をスマホで撮った記録写真です。


© 陽佳 2015「戦国駒 角行」①1431256428390.jpg  

まずは、イメージスケッチ

ふと頭に思い浮かんだイメージをらくがき帳に描きとめます
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」①_1257.jpg 

ここでは、ほんとに漠然としたイメージだけ

イメージを頭の中でより具体的にするため、
資料をあつめて読み漁り?ます
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_1258.JPG 
かき集めた資料のほんの一部
さて、頭の中がより具体的なイメージで飽和状態になったところで
材料の塊を目の前に置き彫り出します!
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_1260.JPG 






※荒彫り(荒取り)の途中経過。。
製作に夢中で写真を撮り忘れてしまいました・・・




彫りの終盤へ
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0918.JPG 

少しづつ細かく彫り進めていきます
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0965.JPG 

© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0967.JPG 


鉛筆で「角行」の駒文字のアタリを書いて
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0952.JPG 
© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0951.JPG 

© 陽佳 2015「戦国駒 角行」DSC_0926.JPG 

さあ、この後はいよいよ染めながらの仕上げに入ります。



が、またも夢中になって写真を取り忘れてますので、
制作風景ここまでとなってしまいました。。。
少しでも、「根付」ってこんな風に創っていくんだ・・・
と感じていただければ幸いです


◆次回は・・・根付 or アクセサリー or 書 ?



プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。