『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 

 仙人が住み、不老不死の地とされる
「蓬莱山」

東の海のどこかに浮かぶその霊山は、
古代中国皇帝の憧れの地でもあり、
秘かに探させていたとの話も。


その、「蓬莱山」が
手のひらの中にあったとは…


© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000086.jpg 
 
DATA
『 蓬莱山(ほうらいさん)』 2009
マホガニー
象嵌なし
ヤシャ染め
3.8 × 3.2 × 2.4 cm
~ 個人蔵 ~


「蓬莱山」は
海に浮かぶ“島”or“山”ということから、
古代中国の天地を支える大亀(神亀)伝説と一体化し、
神亀が蓬莱山を背負っている姿でしばしば描かれ、
吉祥図として
現在もなお好まれています。

とても縁起の良いこの図柄を
手のひらの中に
凝縮して根付にしました

© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000088.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000089.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000090.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000091.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000092.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000093.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000094.jpg 
断崖にあく洞窟が「紐穴」になっています
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000095.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000096.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000097.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000098.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000099.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000100.jpg 


断崖から流れ落ちる“滝”は、
甲羅をつたい大海へとそそがれます
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000126.jpg 

その山は、
松・竹・梅が生え、
仙鶴(仙人を乗せて飛ぶ鶴のこと)が飛び交う、
不老不死の理想郷

長寿の象徴でもある
神亀の甲羅のウラ(亀の腹)の模様は、
あえて『壽』の篆書文字にし、
おめでたさ満載の根付に
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000110.jpg 



山には松竹梅の他、
仙人の棲む“建物”や、
“滝”、“東屋”、“橋”などが彫りこまれ、
じっと見ていると
自分もこの中に入り込み、
蓬莱山の住人になったような気がしてきます。
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000105.jpg  
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000106.jpg 
東屋の後ろに“梅”の木、断崖に“松”

© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000107.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000108.jpg 
仙人の棲む“建物”、横には“竹林”、そして“橋”
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000109.jpg 
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000104.jpg  
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000105.jpg 



≪イラスト入りの詳しい解説書の部分≫
むむ、どれが松竹梅??と思われた方はこちらをじっくりご覧ください

© 陽佳 2009「蓬莱山」説明書 DSC_2082.JPG 



「神亀」だけあって、厳しくも凛々しい表情
© 陽佳 2009「蓬莱山」DH000113.jpg 



残念ながら、
ここに棲む“仙人”は
鶴に乗ってどこかへお出かけのようで、
姿がみえません・・・




◆次回は、この「蓬莱山」の後日談を。。



スポンサーサイト
Category :  根付師「陽佳」
tag : 


 白羊と白猿が寄り添い眠る根付

© 陽佳 2008「至福の時」DH000121.jpg 


DATA
『至福の時』 2008
象嵌なし
3.8 × 3.0 × 3.4 cm
~ 京都清宗根付館 所蔵 ~



© 陽佳 2008「至福の時」DH000135.jpg 

耳を澄ませば、
柔らかな寝息が聴こえるような

まさに“至福の時”を感じる
穏やかな寝顔・・・

© 陽佳 2008「至福の時」DH000127.jpg 

お互いを信じきっているからこそ、
お互いの体をあずけて
ピタリと寄り添って眠れるのでしょう
© 陽佳 2008「至福の時」DH000132.jpg 
© 陽佳 2008「至福の時」DH000133.jpg 
© 陽佳 2008「至福の時」DH000126.jpg 
© 陽佳 2008「至福の時」DH000123.jpg 
© 陽佳 2008「至福の時」DH000124.jpg 
© 陽佳 2008「至福の時」DH000128.jpg 

どうか穏やかな一年となりますように…
© 陽佳 2008「至福の時」DH000129.jpg 


古来より
白い鳥獣は瑞兆として喜ばれ
また神聖な神の使いとして
尊崇されています。
8年前の作品ですが、
偶然にも
昨年から今年の干支をモチーフにした根付です


◆次回も根付で・・・?


プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。