『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 
十七文字の言葉の中に
無限をとりこむ

俳句

掌 (てのひら)の中に
無限をつめこむ

根付


どちらも日本独自の感性の賜物

その二つを融合すると
さらなる無限が・・・


江戸の俳人
“ 小林一茶 ”
の俳句3つを

ギュッと凝縮して1つの根付に



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090001.jpg 

DATA
『 一茶三句 』 2014
鹿角
象嵌あり ( ヘゴ )
ヤシャ染め
3.9 × 3.1 × 3.4 cm
~ 個人蔵 ~




© 陽佳 2014「一茶三句」P2090021.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090022.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090023.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090024.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090025.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090026.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090027.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090028.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090029.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090019.jpg 



「蛙」・「蠅」・「福良雀」を
モチーフにしているので、
もう薄々はお判りかと…
と、言いましても
一茶はかなりの数の句を詠んでいるので、
それぞれのモチーフを詠んだ俳句は
一つ二つではありません

人それぞれ思い浮かべる句は違うかも。


ちなみに私がイメージしたのは
この三句です

≪ 痩蛙 まけるな一茶 是にあり ≫

≪ やれ打な 蠅が手をすり 足をする ≫

≪ 我と来て 遊ぶや親の ない雀 ≫



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090049.jpg 



根付のモチーフとして古くから好まれる
縁起の良い
「福良雀(ふくらすずめ)の根付」
の上に、

手足の長い痩せた蛙が
何やら考え深げに
腰を下ろし、

その蛙の背中には
一匹の蠅がとまっている


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090040.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090041.jpg 
福良雀は
仔雀とわかるよう
クチバシは幼鳥の形に


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090036.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090034.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090035.jpg 

手をすり合わせて・・・


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090051.jpg 

蛙と雀の黒い瞳は、
ヘゴという別素材を
嵌め込んでいます

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090033.jpg 


鹿の角は、
『鬆(す)』と呼ばれる
血液が通っていた細かいスポンジ状の穴が
中にある構造なので、

その「す」を素材感として
いかに生かしながら
構図に組み入れていくかが、

難しくもあり
楽しくもあり

根付師としての
腕のみせどころかもしれません

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090052.jpg 




◆次回は、ひきつづき俳句の根付その2?それとも…




スポンサーサイト
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。