『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 


“硯と磨りかけの墨” 

© 陽佳 2010「結び文」-DH000166.jpg 
DATA
『結び文』 2010
黒檀 
象嵌あり(象牙、金箔)
ヤシャ染、顔料
1.9 × 3.0 × 3.8 cm
~ 個人蔵 ~



龍の彫刻に小さな墨池(ぼくち)、そして磨りかけの墨。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000168.jpg 


龍は古代中国の伝統の生き物である「雨竜」(あまりょう)が彫られ、
墨池(ぼくち)は丸く小さく、品格の高い名品といえる重厚な古硯。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000174.jpg 


墨は和墨で、通称“お花墨”と呼ばれる「紅花墨」で星5つの良墨です。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000171.jpg 


硯面には磨りたての墨が黒々と光っています。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000169.jpg 


硯の下にはそっと、「結び文」が隠してあります。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000175.jpg 


この硯の墨で書いた文か、それとも誰かからもらった文で
これから返書を書こうとしているのか・・・
想像がかきたてられる根付です。


裏の“結び文”は象牙を象嵌したもの。
結び文にはうっすらと書いてある文字が透けてみえるようです。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000182.jpg 




その黒檀を材料に使い、“硯”と“墨”、そして“硯面の磨りたての墨汁”を
1つの黒檀の塊(かたまり)から彫りだし、
磨きの強弱だけでそれぞれの質感を表現しています。

© 陽佳 2010「結び文」-DH000179.jpg 


このような、自分好みの雨竜の彫刻がある重厚な名硯で、墨を磨ってみたい・・・・
かなわぬ夢ですが、私の想像する名硯を「根付」で創り上げて実現させました。



前回の『浮世の夢』といい、気が付くと「結び文」をモチーフに使っている作品がいくつかありました。


◆次回は、“龍” つながりの作品になるかと・・・


スポンサーサイト

コメント


こんなちっちゃなオブジェクトで、世界が広がり、ストーリーが広がるんですね!受け取る側がイメージをかき立てられるって、すごいステキだなぁと思います!
2014/08/02 02:12URL  やっし #-[ 編集]

Re:
コメント有難うございます(^-^) !
創り手の妄想?とは別に根付を見る方がそれぞれにイメージを拡げられるのが、根付の魅力かと思います♪
色々想像しちゃって下さいませ~。
2014/08/02 19:52URL  根付師 陽佳 #O9U00KWE[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/12-982af625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。