『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付の豆知識
tag : 
「 根付(ねつけ)」は、着物文化の江戸時代に巾着や印籠(いんろう)や煙草入れなどを帯から紐(ひも)で提げて携帯するための滑り止めです。

実用的用途から生まれた「根付」は、帯から容易に取りはずして使えるという形態から、人目に触れる機会が多く、次第に様々な意匠の、凝った彫刻などを施したオシャレな装身具(おもに男性用)として発達し、幕末から明治期にかけて世界の美術コレクターの注目を集め収集された日本固有の美術工芸品で、洋服文化が発達し、日常的着物文化が失われた現代においては“実用的要素をかねそなえた美術品”として発展しつつあります。
©豆知識イラスト「根付&提げ物」img003 


◆江戸時代の風俗を描いた屏風絵や浮世絵などを注意深く観てみると、帯から“巾着”や“印籠”や“煙草入れ”などを提げた人物が描かれています。
さらにもっと注意深くみると、提げ紐の根元の帯の上に「根付」を発見できることがありますので、是非見つけてみてください。

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/3-a5c79808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。