『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

ある1つの材料の塊(かたまり)から、
根付が生まれるまでの記録の一部です


使っている道具の紹介はまた後日という事で、
今回は製作の途中途中で撮った記録写真をアップしております




© 陽佳 2010「仔兎」DH000077.jpg 
●まずは、象牙の塊(かたまり)から

© 陽佳 2010「仔兎」DH000078.jpg 
●全体の大まかなフォルムを彫りだして


© 陽佳 2010「仔兎」DH000079.jpg


© 陽佳 2010「仔兎」DH000080.jpg 
●裏側に鉛筆で紐通し穴の位置のアタリをつけて

© 陽佳 2010「仔兎」DH000082.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000089.jpg 
●少しずつ、少しずつ、彫りすすめてカタチを出していき

© 陽佳 2010「仔兎」DH000090.jpg 



© 陽佳 2010「仔兎」DH000091.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000098.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000099.jpg 
●眼の位置のアタリを鉛筆でつけて、全体の毛流れを彫り

© 陽佳 2010「仔兎」DH000100.jpg 
●そして裏側の “ 紐通し穴 ” 彫り開けます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000101.jpg 

© 陽佳 2010「仔兎」DH000103.jpg 
●顔の表情も少しずつ彫りすすめ

© 陽佳 2010「仔兎」DH000104.jpg 
●ようやく眼を象嵌(ぞうがん)する穴を開けます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000105.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000106.jpg 
●色染めにはいる一歩手前の状態




© 陽佳 2010「仔兎」DH000107.jpg 
●ヤシャで全体を濃いめに染めあげたところで、眼にヘゴを嵌め込み(象嵌)ます

© 陽佳 2010「仔兎」DH000108.jpg 
●紐穴の中等、一緒に染まってしまった所を丁寧に磨いて象牙の地肌色を出し

© 陽佳 2010「仔兎」DH000110.jpg 
●細かい毛並を彫って(毛彫)、毛色のグラデーションを少しずつ出していきます


© 陽佳 2010「仔兎」DH000111.jpg 


© 陽佳 2010「仔兎」DH000112.jpg 
●眼に嵌め込んだヘゴを削っていって自然眼の玉に形を整えます


ヘゴとは・・・シダ科の植物の幹の部分の名称で、真っ黒でツヤが出る為、根付では眼玉などの象嵌(ぞうがん)材料として用いられます。



根付の出来るまでの膨大な工程の、
ほんの一部をかいつまんで並べてみましたが、
「根付って、こんな風に創っているんだ・・・」と
ちょっとでも感じていただければ幸いです


◆次回はひきつづき完成作品を・・・


スポンサーサイト

コメント


かわいいうさぎができてくるんですね!

そういえば吉川英治「宮本武蔵」の中で、武蔵が宿の主人に頼まれて天平の古材で仏像を彫ったけど、「削っても削っても、木の中から、とうとう菩薩のおすがたが出てこなかった」と失敗してしまう一幕を思い出しました。

象牙という素材もあまり失敗はできないと思うんだけど、まさに一刀入魂という感じですね。
2014/11/30 23:06URL  やっし #-[ 編集]

Re: タイトルなし
> かわいいうさぎができてくるんですね!
>
> そういえば吉川英治「宮本武蔵」の中で、武蔵が宿の主人に頼まれて天平の古材で仏像を彫ったけど、「削っても削っても、木の中から、とうとう菩薩のおすがたが出てこなかった」と失敗してしまう一幕を思い出しました。
>
> 象牙という素材もあまり失敗はできないと思うんだけど、まさに一刀入魂という感じですね。

やっし さま

コメントありがとうございます!

そうなのです、一つの塊の中には“無限の形と魂”が入っているので、それをどう生み出すかは彫り手の心しだいなのです。。。
吉川英治の宮本武蔵の一節にそのような事が書いてあるとは・・・一層心して創作に励みます。
2014/12/01 23:45URL  根付師 陽佳 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/33-40aa7a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。