『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 


 根付ロボット、その名も 『 N E -ⅡK 』  登場!!

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image028.jpg 

DATA
『 NE-ⅡK 』  2011
象牙
象嵌あり
( 鼈甲に金箔貼り、真珠、白蝶貝、ヘゴ )
ヤシャ染め、茜染め
2.5 × 5.0 × 2.2 cm
~ 個人蔵 ~




背中にエネルギータンクを背負って
あなたの 「根付」 として働きます!
© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image025.jpg 

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image024.jpg 

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image023.jpg 

 
© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image022.jpg 

体に空いた3つの穴に紐を通し
エネルギータンクを装着すると、
ロボットの胸に通した“紐”によるマークが浮かび上がり
パワーアップするのです

Vマークの V は “ ヴィクトリーのV ” それとも “ 大丈夫のV ” ?

紐の色を変えると、胸のVマークの色も変わります!


頭部後ろのプレートに刻まれる
ロボットの型番は『NE-ⅡK』
© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image019.jpg 


普通に読むと 「エヌ イー ハイフン Ⅱ ケー」 ですが、
NE=ね
=つー
=けー
つまり 『 ねつけ=根付 』 と読めます!


エネルギータンクを外すと、思いほか古典的な機械仕掛け??
しかしこれは複雑な最新のメカを隠すためのカモフラージュ・・・

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image015.jpg 

白蝶貝やヘゴの象嵌で作られた色々なスイッチボタンに燃料メーター

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image006.jpg 

*エネルギータンクは “ 緒締 ” としても使える構造



目玉はどこから見ても何となく視線が合う “ 八方にらみ ”

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image009.jpg 

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image016.jpg  


子供のころから  “ お人形さん ” より
“ ミニカー ” や “ 怪獣 ”
そして素朴な “ ロボッ ト ” が好きでした。

そして今も・・・

こんなロボットがいつも身の回りに居てくれたら
さぞかし楽しかろうにとイメージしながら創ったロボット根付です♪

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image017.jpg 

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image018.jpg 

© 陽佳 2011「NE-ⅡK」image011.jpg 

紐を外すと3つの穴がキュートでスマートな凛々しさを醸し出します



◆次回・・・?
スポンサーサイト

コメント


 これは、本当に凄い根付ですね。。。w(☆o◎)wガーン

 ロボット根付までは誰でも思いつくかもしれませんが、その中の工夫が素晴らしいです。紐通しの穴、御締、ネーミングセンス、1つの根付で何度でも楽しめる!!!

正直、天才と思いました。m(__)m
戦国から未来まで、自由に根付の題材をチョイスできるセンスって、今の現代根付師の中にはいないのでは?
久しぶりに衝撃的な現代根付です。ありがとうございました。
2015/02/11 17:31URL  とら太 #-[ 編集]

Re: タイトルなし
とら太 さま

コメント誠にありがとうございます!

身に余るお褒めの言葉をいただき、ただただ恐縮しております・・

しかし、根付師としましては、こだわったポイントをすべて観て頂き何より嬉しく存じます♪
これを励みに、ますます現代根付師としてより一層精進してまいりたいと思います。

余談ですが、ロボットのこのエネルギータンク、何を隠そう『持ち主の根付への愛情♪』が動力なのです!!!
可愛がって大切にされている限り、エネルギータンクは常に満タン状態です(笑)
2015/02/11 21:35URL  根付師 陽佳 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/42-b058239b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。