『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ふと、立ちどまって、考える・・・

一面四臂の明王をイメージした童子の姿の根付


© 陽佳 2003「思案童子」016.jpg 

DATA
『思案童子』  2003
根付師 陽佳 作
黄楊 (つげ)
象嵌なし
ラック染め、顔料
高さ 5.0 cm
~ 個人蔵 ~


片目をつむり、頬杖をついた左側の 『 静 』

眉を吊り上げて大きく目を見開き、膝を打つ右側の 『 動 』

残る2本の手はグッと握りしめられ、
静と動を全身に包含し
体全体であれこれ考えをめぐらしている童子の姿

© 陽佳 2003「思案童子」 017.jpg 
© 陽佳 2003「思案童子」018.jpg 
© 陽佳 2003「思案童子」 019.jpg 
© 陽佳 2003「思案童子」020.jpg 
© 陽佳 2003「思案童子」 021.jpg 
© 陽佳 2003「思案童子」022.jpg 

見るたび、ふと自分自身を考えてみたくなる根付です
 




般若心経の文字を書作品に・・・

© 湖蝶 2003「般若心経」img011.jpg 

DATA
『観自在菩薩 行深般若波羅蜜多』  2003
(第12回グループ書展 墨花 出品作)
「般若心経」より抜粋
本紙サイズ : 約140 × 135 cm
書 :  湖蝶
墨・彩墨
~ 作者本人 蔵 ~



書の作品を創るにあたって、
禅語(禅の言葉)や論語(儒教の言葉)などから
言葉をとりあげることが多いのですが、
仏教経典「般若心経」の言葉も好んでよく作品にしています

この作品は、冒頭の13文字を抜粋していますが、
なぜかいつの間にか文字の中心に絵を描いていました・・・

真夏の炎天下の庭の駐車場で書くため、
暑さでやや意識が朦朧?とするのか
書きあがってみてハッと気づきます

ちょうど根付作品 『思案童子』 の創作時期と相前後していたのか
どうみても “ 思案童子 ” そのもの

明らかに「根付」と「書」が無意識に連動していました

今あらためて見ると、不思議な感覚です。。

おそらく、自分自身とても『思案』していたのでしょう
そして、いまだに思案中・・・
きっと、この先も

© 陽佳 2003「思案童子」 024.jpg 



◆次回は・・・根付



スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/51-036c63e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。