『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

戦国駒シリーズ 第三弾!

「歩兵」、「角行」につづく駒は
「桂馬」

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180163.jpg 

DATA
『 戦国駒 桂馬 』 2016
黄楊 (つげ)
象嵌なし
ヤシャ染め、べんがら
4.2 × 4.1 × 2.3 cm
~ 個人蔵 ~


将棋の駒の「桂馬」を
戦国の世を駆け抜けた
“馬”
になぞらえて根付にしました

馬鎧(甲冑)を身に付けたその姿は、
戦国武将にも引けを取らない存在感です

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180164.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180166.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180167.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180168.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180170.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180171.jpg  
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180172.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180173.jpg 

長いたてがみは、甲冑の邪魔にならぬよう
“ 編み込み ” に!
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180175.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180176.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180177.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180180.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180181.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180183.jpg 

今回は「桂馬」の馬の文字から、
ストレートに馬を連想し、
戦国武将同様に甲冑を身に纏わせました
 

実際、戦国時代から江戸にかけて、
馬鎧(甲冑)は実在していましたが、
やはり重さや動きにくさなどから実戦向きではなく、
威嚇や装飾的意味合いで使用されていたとか・・・

当初は鎖帷子のように重かったようですが、
だんだんと軽量化され、
革のパーツを麻布に縫い付けたタイプが
主流となったようです。


今回はそれをベースにイメージを膨らませ、
甲冑っぽくアレンジしてみました

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180197.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180204.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180202.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180203.jpg 

 
“馬面”と呼ばれる、
馬の顔に付ける鎧は、
武将の兜さながらに、
文字飾りをつけています。

もちろん、
「桂馬」が成って「成桂」の“金”になりますので
『金』の文字をつけています

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180199.jpg 
  


東欧では、馬の身を
草原の中に隠す為に座らせる馬術が
古くからあるとか・・・
その姿をイメージして駒の上に座らせてみました
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180186.jpg 

銘は実際の将棋の駒の銘と同じ場所に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180182.jpg 



将棋の駒では珍重される『虎斑(トラフ)』紋
御蔵島の黄楊材を使い、
ちょうど駒の表にトラフが出るような構図に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180201.jpg 



今回で3つ目の戦国駒シリーズ、
全ての駒がそろうまでまだまだ先は長そうです。

どのように表現するか考えるのが大変でもあり、
また楽しくもあり、それが面白くて堪りません。

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180192.jpg 


◆次回は・・・未定です。。



スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://yokanonetsuke.blog.fc2.com/tb.php/67-ead06367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆「虫」「鳥」「蛙」「爬虫類」好き

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。