『根付師 陽佳』、ときどき「湖蝶」、ところにより「桃生蛙子」

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 
十七文字の言葉の中に
無限をとりこむ

俳句

掌 (てのひら)の中に
無限をつめこむ

根付


どちらも日本独自の感性の賜物

その二つを融合すると
さらなる無限が・・・


江戸の俳人
“ 小林一茶 ”
の俳句3つを

ギュッと凝縮して1つの根付に



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090001.jpg 

DATA
『 一茶三句 』 2014
鹿角
象嵌あり ( ヘゴ )
ヤシャ染め
3.9 × 3.1 × 3.4 cm
~ 個人蔵 ~




© 陽佳 2014「一茶三句」P2090021.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090022.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090023.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090024.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090025.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090026.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090027.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090028.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090029.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090019.jpg 



「蛙」・「蠅」・「福良雀」を
モチーフにしているので、
もう薄々はお判りかと…
と、言いましても
一茶はかなりの数の句を詠んでいるので、
それぞれのモチーフを詠んだ俳句は
一つ二つではありません

人それぞれ思い浮かべる句は違うかも。


ちなみに私がイメージしたのは
この三句です

≪ 痩蛙 まけるな一茶 是にあり ≫

≪ やれ打な 蠅が手をすり 足をする ≫

≪ 我と来て 遊ぶや親の ない雀 ≫



© 陽佳 2014「一茶三句」P2090049.jpg 



根付のモチーフとして古くから好まれる
縁起の良い
「福良雀(ふくらすずめ)の根付」
の上に、

手足の長い痩せた蛙が
何やら考え深げに
腰を下ろし、

その蛙の背中には
一匹の蠅がとまっている


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090040.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090041.jpg 
福良雀は
仔雀とわかるよう
クチバシは幼鳥の形に


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090036.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090034.jpg 
© 陽佳 2014「一茶三句」P2090035.jpg 

手をすり合わせて・・・


© 陽佳 2014「一茶三句」P2090051.jpg 

蛙と雀の黒い瞳は、
ヘゴという別素材を
嵌め込んでいます

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090033.jpg 


鹿の角は、
『鬆(す)』と呼ばれる
血液が通っていた細かいスポンジ状の穴が
中にある構造なので、

その「す」を素材感として
いかに生かしながら
構図に組み入れていくかが、

難しくもあり
楽しくもあり

根付師としての
腕のみせどころかもしれません

© 陽佳 2014「一茶三句」P2090052.jpg 




◆次回は、ひきつづき俳句の根付その2?それとも…




Category :  根付師「陽佳」
tag : 
 

戦国駒シリーズ 第三弾!

「歩兵」、「角行」につづく駒は
「桂馬」

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180163.jpg 

DATA
『 戦国駒 桂馬 』 2016
黄楊 (つげ)
象嵌なし
ヤシャ染め、べんがら
4.2 × 4.1 × 2.3 cm
~ 個人蔵 ~


将棋の駒の「桂馬」を
戦国の世を駆け抜けた
“馬”
になぞらえて根付にしました

馬鎧(甲冑)を身に付けたその姿は、
戦国武将にも引けを取らない存在感です

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180164.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180166.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180167.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180168.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180170.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180171.jpg  
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180172.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180173.jpg 

長いたてがみは、甲冑の邪魔にならぬよう
“ 編み込み ” に!
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180175.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180176.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180177.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180180.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180181.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180183.jpg 

今回は「桂馬」の馬の文字から、
ストレートに馬を連想し、
戦国武将同様に甲冑を身に纏わせました
 

実際、戦国時代から江戸にかけて、
馬鎧(甲冑)は実在していましたが、
やはり重さや動きにくさなどから実戦向きではなく、
威嚇や装飾的意味合いで使用されていたとか・・・

当初は鎖帷子のように重かったようですが、
だんだんと軽量化され、
革のパーツを麻布に縫い付けたタイプが
主流となったようです。


今回はそれをベースにイメージを膨らませ、
甲冑っぽくアレンジしてみました

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180197.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180204.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180202.jpg 
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180203.jpg 

 
“馬面”と呼ばれる、
馬の顔に付ける鎧は、
武将の兜さながらに、
文字飾りをつけています。

もちろん、
「桂馬」が成って「成桂」の“金”になりますので
『金』の文字をつけています

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180199.jpg 
  


東欧では、馬の身を
草原の中に隠す為に座らせる馬術が
古くからあるとか・・・
その姿をイメージして駒の上に座らせてみました
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180186.jpg 

銘は実際の将棋の駒の銘と同じ場所に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180182.jpg 



将棋の駒では珍重される『虎斑(トラフ)』紋
御蔵島の黄楊材を使い、
ちょうど駒の表にトラフが出るような構図に
© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180201.jpg 



今回で3つ目の戦国駒シリーズ、
全ての駒がそろうまでまだまだ先は長そうです。

どのように表現するか考えるのが大変でもあり、
また楽しくもあり、それが面白くて堪りません。

© 陽佳 2016「戦国駒 桂馬」P5180192.jpg 


◆次回は・・・未定です。。




Category :  根付師「陽佳」
tag : 


気が付けば、カエルがこんなに・・・ 


差根付 『 茶杓 青かえる 』 
2004 鹿角
~個人蔵~

© 陽佳 2004「茶杓 青かえる」 029.jpg 
© 陽佳 2004「茶杓 青かえる」020.jpg 


根付 『 花の雨 』
2006 象牙
~個人蔵~

© 陽佳 2006「花の雨」 001.jpg 
© 陽佳 2006「花の雨」 002.jpg 
© 陽佳 2006「花の雨」 004.jpg 




根付 『 お玉蛙 』
2007 象牙
~個人蔵~
© 陽佳 2008「お玉蛙」DH000008.jpg 
© 陽佳 2008「お玉蛙」DH000018.jpg 



根付 『 芭蕉三句 』
2008 黄楊
*「第一回現代木彫根付公募展」最優秀賞受賞作品
© 陽佳 2008「芭蕉三句」DH000190.jpg 
© 陽佳 2008「芭蕉三句」DH000195.jpg 

提げ物前飾  『 蛙 ルアー 』
2008 象牙
~個人蔵~
© 陽佳 2008 提げ物前飾「蛙ルアー」DH000050.jpg 


提げ物前飾  『 泳ぐ蛙 』
2008 象牙
~個人蔵~
© 陽佳 2008 提げ物前飾「泳ぐ蛙」DH000178.jpg 


詳しい個々の作品解説は改めてアップさせていただきます。
今回は2004~2008年までざっと!


◆次回は、カエル図鑑その2、もしくは・・・


Category :  根付師「陽佳」
tag : 



『愛犬』 を根付に

© 陽佳 2009「愛犬」DH000125.jpg 


DATA
『愛犬○○号』  2009
象牙
象嵌あり (ヘゴ)
ヤシャ染め、岩絵具
4.1 × 2.5 × 1.7 cm
~ 個人蔵 ~
※愛犬のお名前を、あえて○○と伏せさせていただいております。




“ 愛犬の姿を根付に ”
というご依頼で7年前に創った
ブルドッグの根付です


© 陽佳 2009「愛犬」DH000121.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000120.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000119.jpg 

© 陽佳 2009「愛犬」DH000118.jpg 
 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000117.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000116.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000114.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000114.jpg 

© 陽佳 2009「愛犬」DH000113.jpg 

 
出来る限り色んな角度からの写真を撮っていただき、
それを観ながら製作にとりかかるのですが、
すでにお写真を撮っていただけない場合は
できる限りお手持ちのお写真をお借りするか、
コピーしていただくかして製作にあたります。

御依頼主様に直接お目に掛かれる時は、
写真のほかに
そのこの特徴やクセなどのお話をお伺いして、
イメージを膨らませ根付としての構図を決めていきます。

同じ犬種でも、
毛色の出方は一匹一匹全く違いますので、
毛並の色の混ざり具合は
出来るだけ写真に忠実にリアルに創ります。
しかし、
さすがに寝そべってる真下からの写真は、
ガラス板の上にでも乗せて下から撮影しないと撮れないので、
真裏は骨格構造を頭に入れながら想像で彫るしか・・・
© 陽佳 2009「愛犬」DH000122.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000124.jpg 


普段創る根付は、
基本的に自分の作りたいイメージを根付という形に
“ひねり”を加えてまとめあげていくのですが、
このように実際の“肖像”を根付にする場合は、
違う意味での難しさがあります。
例えば、
耳がピンと立っているのが特徴である犬種の場合、
そのままに耳をたてて創ると、
耳が当たって欠けたり折れたりする危険性が出てきます。


根付は帯にくぐらせて腰に付けて装着する為、
引っかかって壊れやすい形状はタブーです。


かといって、
とがっている耳を倒すと
違う犬種になってしまう可能性もあり、
大いなるジレンマに陥ります。
ミニチュアの置物としての彫刻でしたら、
何の問題もないことが、
『根付』であるがゆえに
大きな壁になってしまうのです。
如何に、
違和感なく特徴を生かしつつ
根付として成立させるかは、
根付師の腕しだい・・・

どうしても根付にするには難しく、
お断りせざるを得ないこともありますが、
この作品は
御依頼主の方にとても喜んでいただけた
思い出深い作品です。
後日、
御依頼主の方にお目に掛かった時、
この愛犬ちゃんは、
その方のお手製の小さな座布団に
気持ちよさそうに乗っていました。
愛情たっぷり可愛がられている、
幸せな根付です。
© 陽佳 2009「愛犬」DH000127.jpg 
© 陽佳 2009「愛犬」DH000129.jpg 


緑の布の上で撮影すると、
まるで芝生の上で寝そべっているようです!



◆次回は、気が付いたらたくさん創っているモチーフが・・・カエル図鑑?昆虫図鑑?




Category :  根付師「陽佳」
tag : 


 “おひなさま” の根付

© 陽佳 2008「立雛」DH000008.jpg 

DATA
『立雛(たちびな)』 2008
象牙
象嵌あり (白蝶貝)
ヤシャ染め、茜染め
5.3 × 2.5 × 2.0 cm
~ 個人蔵 ~


古風な品格の立雛を根付にしました
© 陽佳 2008「立雛」DH000019.jpg 

男雛は立烏帽子(たてえぼし)に
直衣(のうし)と指貫(さしぬき)姿で、

女雛は揃いの柄の衣裳を
クルリと体に巻きつけた平安朝の姿です
© 陽佳 2008「立雛」DH000017.jpg 
© 陽佳 2008「立雛」DH000012.jpg 
© 陽佳 2008「立雛」DH000013.jpg 
© 陽佳 2008「立雛」DH000018.jpg 


掛け軸などに描かれている“立雛”は
2人並んで立っていますが、

あえて男雛が女雛をそっと包み込んで立つ、
仲睦まじい様子にしてみました

© 陽佳 2008「立雛」DH000016.jpg   


底面にそっとおかれた“結び文”が、
2人の和歌のやりとりを連想させます
© 陽佳 2008「立雛」DH000009.jpg 


衣裳の柄は、
雲取 ( くもとり ) に藤の花を組み合わせ、
白蝶貝の象嵌でアクセントをつけています
© 陽佳 2008「立雛」DH000011.jpg 


ちょっとすましたお顔が、
なんともいえず愛くるしい根付です
© 陽佳 2008「立雛」DH000010.jpg 


8年前に
“おひなさま”として
飾っても楽しめるような根付を
とのご希望で創った作品です

3月3日が近くなると、
今まで創った“根付雛”達がふと思い出されます・・・
© 陽佳 2008「立雛」DH000007.jpg 
© 陽佳 2008「立雛」DH000006.jpg 


◆次回は、犬の根付・・・



プロフィール

根付師 陽佳

Author:根付師 陽佳
            
現代根付を創っています。

地下室で根付を創っている時は
『 根付師 陽佳 』(ねつけし ようか)

ときどき
「 湖 蝶 」(こちょう)
     の名で書や篆刻を創り。

ところにより
「 桃生 蛙子 」(ものう あこ)
    の名で詩や文章を創ります。

心を込めて創った作品を、自ら撮った記録写真。

その画像とともに、作品解説や創作エピソードなど少しずつ綴っていきたいと思います。

◆国際根付彫刻会 副会長

◆神戸芸術工科大学 大学院
非常勤講師

◆NHK文化センタ―講師

◆朝日カルチャーサンタ―講師

◆和小物ブランド
「小間物屋 徳右ェ門」主催

◆大学の書道科を卒業後、
某S化粧品会社宣伝部に就職、
脱サラして根付師に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

マイブログへようこそ

ご訪問ありがとうございます!
かなりのIT音痴で『ブログ作成入門書』を片手になんとか開設にこぎつけました。
まだまだ操作不慣れで不手際も多々ありますが、少しずつ更新しながら改良していきたいと思います。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。